被災地支援について

「私も現地で何か力になりたい!」

「不足しているであろう物を送ってあげたい!」

被災地で困難に面している方々の事を想い、行動に移そうとして下さっているそのお気持ちは、とてもありがたく、すばらしいものです。

しかし、被災地ではその尊い善意が時に別の困難を生み出してしまう場合もあるのです。

ここでは阪神・淡路大震災より今日まで積み重ねてきた経験による情報を掲載していきます。

もちろん、これらの情報が今回も同じ様に当てはまるとは限りません。被災地の現状をしっかり見つめ、これらの過去の事例を参考に、よりその地域に合った支援を考えていかねばなりません。

機関誌「あるある」にも、様々な提案や工夫が掲載されています。

機関誌「あるある」

隔月で発行し、被災地支援の報告や、地震のはてな、災害時のアイデアなどを掲載。

あるモノを有効に!まめ豆知識

災害時に、多くの物は持ち出せません。だからこそ、持って行く物は厳選したい。

まめ豆では、ひとつの物をいかに有効に使うかを、ちょっとした遊び心も含めて紹介。